仮想ボリュームを使用できるようにするには、ストレージと vSphere 環境を正しく設定する必要があります。

次のガイドラインに従って、仮想ボリュームのストレージ システム環境を準備します。詳細については、ストレージ ベンダーにお問い合わせください。

  • 使用するストレージ システムまたはストレージ アレイでは、仮想ボリュームをサポートし、vSphere APIs for Storage Awareness (VASA) を介して vSphere と統合できるようになっている必要があります。

  • 仮想ボリュームのストレージ プロバイダをデプロイする必要があります。

  • ストレージ側で、プロトコル エンドポイント、ストレージ コンテナ、およびストレージ プロファイルを構成する必要があります。

vSphere 環境を準備します。

  • 必ず、使用するストレージのタイプ(ファイバ チャネル、FCoE、iSCSI、または NFS)に応じた適切なセットアップのガイドラインに従ってください。必要な場合は、ESXi ホストにストレージ アダプタをインストールして構成します。

    iSCSI を使用する場合は、ESXi ホストでソフトウェア iSCSI アダプタを有効化します。動的検出を構成し、仮想ボリューム ストレージ システムの IP アドレスを入力します。

  • ストレージ アレイのすべてのコンポーネントを、vCenter Server およびすべての ESXi ホストと同期します。この同期処理には、ネットワーク時間プロトコル (NTP) を使用します。