仮想マシンのストレージ ポリシーは、仮想マシンのプロビジョニングに不可欠です。これらのポリシーにより、仮想マシンのストレージ要件を定義し、仮想マシン用に準備するストレージのタイプ、仮想マシンをストレージ内に配置する方法、および仮想マシンに提供するデータ サービスを管理することができます。

ストレージ ポリシーを定義するときには、仮想マシンで実行するアプリケーションのストレージ要件を指定します。このストレージ ポリシーを仮想マシンに適用すると、仮想マシンは、ストレージ要件を満たすことができる特定のデータストアに配置されます。Virtual SAN や仮想ボリュームなどのソフトウェア定義のストレージ環境では、ストレージ ポリシーにより、必要なサービス レベルを保証するためにストレージ リソース内で仮想マシンのストレージ オブジェクトがどのようにしてプロビジョニングされて割り当てられるかも決定されます。サードパーティ I/O フィルタがインストールされている環境では、ストレージ ポリシーを使用して、仮想ディスクのキャッシュやレプリケーションなどのデータ サービスの追加レベルを有効にできます。