キャッシュ I/O フィルタは、ローカル フラッシュ デバイスを使用して仮想マシン データをキャッシュできます。

キャッシュ I/O フィルタでローカル フラッシュ デバイスを使用している場合、フィルタを有効化する前に、仮想フラッシュ リソース(VFFS ボリュームとも呼ばれる)を ESXi ホストに構成する必要があります。仮想マシン読み取り I/O の処理中に、フィルタは仮想マシン キャッシュを作成し、VFFS ボリュームに配置します。

この図は、VFFS ボリュームと、VFFS ボリュームに存在する仮想マシン キャッシュを示しています。

仮想フラッシュ リソースを設定するには、ホストに接続されたフラッシュ デバイスを使用します。仮想フラッシュ リソースの容量を拡張するために、フラッシュ ドライブを追加できます。個々のフラッシュ ドライブは、仮想フラッシュ リソース専用に割り当てる必要があり、Virtual SAN や VMFS などの他の vSphere サービスと共有することはできません。

フラッシュ読み取りキャッシュとキャッシュ I/O フィルタは相互排他の関係にあります。これは、いずれの機能もホストの仮想フラッシュ リソースを使用するためです。キャッシュ I/O フィルタが構成された仮想ディスクではフラッシュ読み取りキャッシュを有効にすることはできません。同様に、仮想マシンにフラッシュ読み取りキャッシュが構成されている場合は、キャッシュ I/O フィルタを使用することはできません。