ストレージ プロバイダと通信するために、vCenter Server はセキュリティの高い SSL 接続を使用します。SSL 認証メカニズムでは vCenter Server とストレージ プロバイダの両者で SSL 証明書を交換し、SSL 証明書をトラストストアに追加する必要があります。

vCenter Server は、ストレージ プロバイダ証明書をストレージ プロバイダのインストールの一部としてトラストストアに追加できます。インストール中に証明書が追加されない場合には、次のいずれかの方法を使用して、ストレージ プロバイダの登録時に追加します。

  • vCenter Server にストレージ プロバイダ証明書を使用するように指示します。新規ストレージ プロバイダ ダイアログ ボックスで、ストレージ プロバイダ証明書を使用する オプションを選択し、証明書の場所を指定します。

  • ストレージ プロバイダ証明書のサムプリントを使用します。vCenter Server にプロバイダ証明書を使用するように指示しない場合には、証明書のサムプリントが表示されます。サムプリントを確認して承認することができます。vCenter Server は証明書をトラストストアに追加し、接続を開始します。

ストレージ プロバイダは、vCenter Server が初めてプロバイダに接続するときに vCenter Server 証明書をトラストストアに追加します。