仮想ボリュームの機能により、ファイバ チャネル、FCoE、iSCSI、および NFS がサポートされます。ストレージの転送では、ESXi ホストに対してプロトコル エンドポイントが公開されます。

SCSI ベースのプロトコルを使用する場合、プロトコル エンドポイントは、T10 ベースの LUN WWN によって定義された LUN を表します。NFS プロトコルの場合、プロトコル エンドポイントは、IP アドレスや DNS 名、および共有名などのマウント ポイントです。

使用するストレージ プロトコルに関係なく、仮想ボリュームは、他の従来のデータストア上のファイルと同様に、仮想マシンに対して SCSI ディスクとして示されます。ディスク アレイ上の仮想ボリュームは、VMFS と同じ SCSI コマンド セットをサポートし、ATS をロック メカニズムとして使用します。

NAS デバイス上の仮想ボリュームは、NFS マウント ポイントに接続するために ESXi ホストで必要とされるのと同じ NFS リモート プロシージャ コール (RPC) をサポートします。

次の考慮事項とガイドラインは、異なるストレージ プロトコルを使用する場合に適用されます。

  • NFS については、バージョン 3 を使用できます。仮想ボリュームは NFS 4.1 をサポートしていません。

  • IPv6 形式はサポートされません。

  • iSCSI の場合は、ソフトウェア iSCSI アダプタを有効化する必要があります。動的検出を構成し、仮想ボリューム ストレージ プロバイダの IP アドレスを入力します。ソフトウェア iSCSI アダプタの構成 を参照してください。

  • SCSI ベースのプロトコル エンドポイントではマルチパスを構成できますが、NFS ベースのプロトコル エンドポイントでは構成できません。使用するプロトコルに関係なく、ストレージ アレイでは、可用性を高める目的で複数のプロトコル エンドポイントを提供できます。