iSCSI アダプタに割り当てられたデフォルト iSCSI 名およびエイリアスを変更できます。独立ハードウェア iSCSI アダプタの場合は、デフォルトの IP 設定も変更できます。

始める前に

必要な権限: ホスト > 構成 > ストレージ パーティション構成

このタスクについて

重要:

iSCSI アダプタのデフォルトのプロパティを変更する際は、その名前および IP アドレスの形式が適切なことを確認します。

手順

  1. vSphere Web Client ナビゲータで、ホストに移動して参照します。
  2. 管理 タブをクリックして、ストレージ をクリックします。
  3. ストレージ アダプタ をクリックし、構成するアダプタ (vmhba#) を選択します。
  4. [アダプタの詳細] で、プロパティ タブをクリックし、[全般] パネルの 編集 をクリックします。
  5. アダプタのデフォルト iSCSI 名を変更するには、新しい名前を入力します。

    入力した名前が世界中で一意であることと、形式が適切であることを確認します。これが正しく行われないと、一部のストレージ デバイスで iSCSI アダプタが認識されない場合があります。

  6. (オプション) : iSCSI エイリアスを入力します。

    エイリアスは、iSCSI アダプタの識別に使用する名前です。

タスクの結果

iSCSI 名を変更すると、新しい iSCSI セッションで使用されます。既存のセッションでは、ログアウトして再ログインするまで、新しい設定は使用されません。