T10 SCSI 規格をサポートしないデバイスと通信するために、ホストは単一の VAAI フィルタとベンダー固有の VAAI プラグインを組み合わせて使用します。esxcli コマンドを使用して、システムに現在ロードされているハードウェア アクセラレーション フィルタとプラグインを表示します。

始める前に

vCLI をインストールするか、vSphere Management Assistant (vMA) 仮想マシンを導入します。vSphere Command-Line Interface スタート ガイド を参照してください。トラブルシューティングするには、ESXi Shell で esxcli コマンドを実行します。

このタスクについて

手順中、--server=server_name で接続先サーバーを指定します。指定された接続先サーバーはユーザー名とパスワードの入力を促します。構成ファイルやセッション ファイルなど、他の接続オプションもサポートされています。接続オプションのリストについては、『vSphere Command-Line Interface スタート ガイド』を参照してください。

手順

esxcli --server=server_name storage core plugin list --plugin-class=value コマンドを実行します。

value には、次のオプションのいずれかを入力します。

  • VAAI と入力してプラグインを表示します。

    このコマンドの出力は、次の例のようになります。

    #esxcli --server=server_name storage core plugin list --plugin-class=VAAI Plugin name         Plugin class VMW_VAAIP_EQL       VAAI VMW_VAAIP_NETAPP    VAAI VMW_VAAIP_CX        VAAI
    
  • Filter と入力してフィルタを表示します。

    このコマンドの出力は、次の例のようになります。

    esxcli --server=server_name storage core plugin list --plugin-class=Filter Plugin name  Plugin class VAAI_FILTER  Filter