パス選択プラグイン (PSP) は VMware NMP のサブ プラグインで、I/O 要求の物理パスの選択を行います。

各論理デバイスに対し、VMware NMP はそのデバイスの物理パスに関連付けられた SATP に基づいて、デフォルトの PSP を割り当てます。デフォルトの PSP はオーバーライドできます。詳細については、パスのスキャンと要求 を参照してください。

デフォルトで、VMware NMP は次の PSP をサポートします。

VMW_PSP_MRU

ホストは最近使用したパスを選択します。パスが使用できなくなると、ホストは代替パスを選択します。元のパスが再び使用できるようになっても、ホストは元のパスに戻りません。MRU ポリシーでは優先パスの設定はありません。MRU はほとんどのアクティブ-パッシブのストレージ デバイスのデフォルト ポリシーです。

VMW_PSP_MRU ランク付け機能により、個々のパスにランクを割り当てることができます。個々のパスにランクを設定するには、esxcli storage nmp psp generic pathconfig set コマンドを使用します。詳細については、当社のナレッジ ベースの記事http://kb.vmware.com/kb/2003468を参照してください。

最近の使用 (VMware) のパス選択ポリシーとしてクライアントにポリシーが表示されます。

VMW_PSP_FIXED

指定された優先パスが構成されている場合は、ホストはそれを使用します。構成されていない場合、システムの起動時に検出された、機能している最初のパスを選択します。ホストで特定の優先パスが使用されるようにするには、手動で指定します。アクティブ-アクティブのストレージ デバイスのデフォルト ポリシーは固定です。

注:

ホストでデフォルトの優先パスが使用されるときに、そのパスの状態が「非活動」になると、新しいパスが優先パスとして選択されます。ただし、優先パスを明示的に設定すると、パスがアクセス不可になっていても優先パスのままになります。

固定 (VMware) のパス選択ポリシーとしてクライアントに表示されます。

VMW_PSP_RR

ホストは、自動パス選択アルゴリズムを使用します。 アクティブ-パッシブ アレイに接続しているときはすべてのアクティブなパス、アクティブ-アクティブ アレイに接続しているときはすべての使用可能なパスを巡回します。RR は多数のアレイのデフォルトで、アクティブ-アクティブおよびアクティブ-パッシブ アレイの両方と併用して、異なる LUN のパスでロード バランシングを実装できます。

ラウンド ロビン (VMware) のパス選択ポリシーとしてクライアントに表示されます。