ESXi の文脈では、ターゲットという語は、ホストがアクセスできる 1 つのストレージ ユニットを表します。デバイスおよび LUN という語は、ターゲット上のストレージ領域を表す論理ボリュームを意味しています。一般的に ESXi の文脈では、デバイスおよび LUN という語は、ストレージ ターゲットからホストに表示されるストレージ ボリュームを意味しており、フォーマットに使用できます。

ストレージ ベンダーが異なると、ESXi ホストに対して異なる方法でストレージ システムを表示します。複数のストレージ デバイスまたは LUN を 1 つのターゲットで表示するベンダーもありますが、1 つの LUN を複数のターゲットで表示するベンダーもあります。

図 1. ターゲットと LUN の表現
この図では、各構成において 3 つの LUN を使用できます。一方のケースでは、ホストから 1 つのターゲットが見え、そのターゲットには使用可能な LUN が 3 つあります。もう一方の例では、ホストから 3 つの異なるターゲットが見え、それぞれに LUN が 1 つあります。

この図では、各構成において 3 つの LUN を使用できます。一方のケースでは、ホストから 1 つのターゲットが見え、そのターゲットには使用可能な LUN が 3 つあります。それぞれの LUN は、個別のストレージ ボリュームを意味します。もう一方の例では、ホストから 3 つの異なるターゲットが見え、それぞれに LUN が 1 つあります。

ネットワークを介してアクセスされるターゲットには、ストレージ システムによって提供される一意の名前があります。iSCSI ターゲットは iSCSI 名を使用しますが、ファイバ チャネル ターゲットは、World Wide Name (WWN) を使用します。

注:

ESXi では、異なる転送プロトコル (iSCSI とファイバ チャネルなど) を使用して同じ LUN にアクセスすることはサポートされていません。

デバイス、つまり LUN は、UUID 名で識別されます。LUN が複数のホストで共有される場合は、すべてのホストに同じ UUID で表示される必要があります。