ストレージ プロバイダ機能を使用するときに、特定の要件と考慮事項が適用されます。

通常、vSphere と統合するストレージ プロバイダは、ベンダーから提供されます。ストレージ プロバイダは、VMware APIs for Storage Awareness (VASA) によって実装されます。VASA アーキテクチャは、vSphere に付属するストレージ監視サービス (SMS) を拡張し、vCenter Server および ESXi ホストが VASA プロバイダと通信するために使用できる機能セットを定義します。

ストレージ プロバイダを使用するには、次の要件に従います。

  • 使用するすべてのストレージ プロバイダが VMware によって認定され、適切にデプロイされていることを確認します。ストレージ プロバイダのデプロイの詳細については、ストレージ ベンダーに問い合わせるか、『VMware 互換性ガイド』を参照してください。

  • ストレージ プロバイダが vSphere バージョンと互換性があることを確認してください。を参照してください。VMware 互換性ガイド

ストレージ プロバイダを使用する場合は、次の考慮事項が適用されます。

  • ブロック ストレージとファイル システム ストレージ デバイスの両方でストレージ プロバイダを使用できます。

  • ストレージ プロバイダは、vCenter Server を除き、どこででも実行できます。通常、サードパーティのストレージ プロバイダは、ストレージ アレイ サービス プロセッサまたはスタンドアロン ホストのいずれかで実行されます。

  • 複数の vCenter Server はストレージ プロバイダの単一のインスタンスに同時に接続できます。

  • 単一の vCenter Server は複数の異なるストレージ プロバイダに同時に接続できます。ホストから使用可能な物理ストレージ デバイスのタイプごとに異なるストレージ プロバイダを指定できます。