クライアントに加えて、esxcli コマンドを使用して、NAS デバイスのハードウェア アクセラレーションのステータスを検証できます。

始める前に

vCLI をインストールするか、vSphere Management Assistant (vMA) 仮想マシンを導入します。vSphere Command-Line Interface スタート ガイド を参照してください。トラブルシューティングするには、ESXi Shell で esxcli コマンドを実行します。

このタスクについて

手順中、--server=server_name で接続先サーバーを指定します。指定された接続先サーバーはユーザー名とパスワードの入力を促します。構成ファイルやセッション ファイルなど、他の接続オプションもサポートされています。接続オプションのリストについては、『vSphere Command-Line Interface スタート ガイド』を参照してください。

手順

esxcli --server=server_name storage nfs list コマンドを実行します。

出力のハードウェア アクセラレーション列にステータスが表示されます。