ESXi では、さまざまなストレージ システムとアレイをサポートしています。

ホストでサポートされるストレージのタイプは、アクティブ-アクティブ、アクティブ-パッシブ、および ALUA 準拠です。

アクティブ-アクティブのストレージ システム

大幅にパフォーマンスを低下させることなく、使用可能なすべてのストレージ ポートを通じて同時に LUN にアクセスできます。すべてのパスが常にアクティブな状態です (パスに障害が発生したときを除く)。

アクティブ-パッシブのストレージ システム

1 つのストレージ プロセッサが特定の LUN にアクティブにアクセスを提供しているシステム。その他のプロセッサは、その LUN のバックアップとして機能し、ほかの LUN I/O にアクティブにアクセスを提供します。I/O は、特定の LUN のアクティブなポートにのみ送信できます。アクティブなストレージ ポートを経由したアクセスで障害が発生した場合、パッシブ ストレージ プロセッサの 1 つが、そこにアクセスしているサーバによってアクティブになります。

非対称ストレージ システム

非対称論理ユニット アクセス (ALUA) をサポートします。ALUA 準拠のストレージ システムは、ポートごとに異なるアクセス レベルを設定できます。ALUA を使用すると、ホストがターゲット ポートの状態を判別し、パスに優先順位を付けることができます。ホストはプライマリとしてアクティブ パスのいくつかを使用し、その他をセカンダリとして使用します。

仮想ポート ストレージ システム

1 つの仮想ポートを経由して、使用可能なすべての LUN へアクセスできます。アクティブ-アクティブのストレージ デバイスもありますが、単一ポート経由の複数接続であることが隠されます。ESXi マルチパスは、デフォルトで特定のポートからストレージに複数接続を行いません。一部のストレージ ベンダーはストレージへの複数の接続を確立および管理するためにセッション マネージャを提供しています。このストレージ システムでは、ポートのフェイルオーバーと接続バランスの調整を透過的に行います。これは透過的フェイルオーバーと呼ばれることがよくあります。