この例では、my_rdm.vmdk という名前の RDM ファイルを作成し、そのファイルに disk_ID Raw ディスクをマッピングします。

vmkfstools -r /vmfs/devices/disks/disk_ID my_rdm.vmdk

仮想マシンの構成ファイルに次の行を追加すると、my_rdm.vmdk マッピング ファイルを使用するように仮想マシンを構成できます。

scsi0:0.present = TRUE scsi0:0.fileName = /vmfs/volumes/myVMFS/my_rdm.vmdk