シン フォーマットで仮想ディスクを作成した場合は、シン ディスクをシック プロビジョニング フォーマットの仮想ディスクに変換できます。

始める前に

  • 仮想マシンが存在するデータストアに十分な容量があることを確認します。

  • 仮想ディスクがシンであることを確認します。

  • スナップショットを削除します。

  • 仮想マシンをパワーオフします。

このタスクについて

データストア ブラウザを使用して、仮想ディスクを拡張します。

手順

  1. 拡張する仮想ディスクのフォルダに移動します。
    1. vSphere Web Client で、仮想マシンを参照します。
    2. 情報を表示する仮想マシンをダブルクリックします。
    3. 関連オブジェクト > データストア の順にクリックします。

      仮想マシン ファイルを保存するデータストアが一覧表示されます。

    4. データストアを選択し、データストア ファイル ブラウザに移動します。 アイコンをクリックします。

      データストア ブラウザに、データストアのコンテンツが表示されます。

  2. 仮想マシン フォルダを開き、変換したい仮想ディスク ファイルを参照します。

    このファイルには .vmdk 拡張子が含まれており、仮想ディスク([仮想ディスク] アイコン)アイコンが表示されます。

  3. 仮想ディスク ファイルを右クリックし、拡張 を選択します。
    注:

    仮想ディスクがシックの場合、または仮想マシンが実行中の場合、このオプションは使用できない場合があります。

タスクの結果

拡張された仮想ディスクは、最初にプロビジョニングされたデータストア容量全体を専有します。