仮想マシンが、NMP によって管理されるストレージ デバイスに I/O 要求を発行するとき、次の処理が実行されます。

  1. NMP が、このストレージ デバイスに割り当てられた PSP を呼び出します。

  2. PSP が、I/O の発行先として最適な物理パスを選択します。

  3. NMP が、PSP で選択されたパスに I/O 要求を発行します。

  4. I/O 操作に成功した場合、NMP がその完了を報告します。

  5. I/O 操作でエラーが報告された場合、NMP が適切な SATP を呼び出します。

  6. SATP が I/O コマンド エラーを解釈し、無効なパスを適宜に有効にします。

  7. PSP が呼び出され、I/O の発行先となる新しいパスを選択します。