仮想データストアで実行される仮想マシンには、仮想マシン ストレージ ポリシーが必要です。

仮想マシン ストレージ ポリシーは、仮想マシンの配置要件とサービス品質要件を含むルール セットです。このポリシーにより、仮想ボリューム ストレージ内に仮想マシンが適切に配置され、ストレージが仮想マシンの要件を確実に満たすことができます。

仮想マシン ストレージ ポリシー インターフェイスを使用して、仮想ボリューム ストレージ ポリシーを作成します。新しいポリシーを仮想マシンに割り当てると、そのポリシーにより、仮想ボリューム ストレージの要件準拠が強制されます。

仮想データストアと互換性のある仮想マシン ストレージ ポリシーを作成しない場合、システムではデフォルトの要件なしポリシーが使用されます。要件なしポリシーは、ルールまたはストレージの仕様が含まれない汎用的な仮想ボリューム ポリシーです。このポリシーでは、仮想ボリューム ストレージ アレイで仮想マシン オブジェクトの最適な配置を決定できます。