通常、I/O フィルタは VMware パートナーによって vSphere APIs for I/O Filtering (VAIO) 開発者プログラムを介して作成されます。サードパーティ ベンダーは、多目的の I/O フィルタを開発できます。

このリリースでは、次のようなタイプのフィルタがサポートされています。

  • キャッシュ。仮想ディスク データのキャッシュを実装します。このフィルタは、ローカル フラッシュ ストレージ デバイスを使用してデータをキャッシュでき、仮想ディスクの IOPS やハードウェア使用率を増やすことができます。キャッシュ フィルタを使用する場合、仮想フラッシュ リソースの構成が必要になることがあります。

  • レプリケーション。すべての書き込み I/O 操作を外部ターゲットの場所(別のホストやクラスタなど)にレプリケートします。

注:

同じカテゴリ(キャッシュなど)の複数のフィルタを ESXi ホストにインストールできます。ただし、同じカテゴリのフィルタは仮想ディスクごとに 1 つしか設定できません。