ストレージ システムは仮想ボリュームのすべての側面を管理しますが、ESXi ホストは、ストレージ側の仮想ボリュームに直接アクセスできません。ESXi ホストは、代わりに、プロトコル エンドポイントと呼ばれる論理 I/O プロキシを使用して、仮想ボリュームおよび仮想ボリュームによってカプセル化された仮想ディスク ファイルと通信します。ESXi は、プロトコル エンドポイントを使用し、要求に応じて、仮想マシンから各仮想ボリュームへのデータ パスを確立します。

各仮想ボリュームは、特定のプロトコル エンドポイントにバインドされています。ホスト上の仮想マシンが I/O 操作を実行すると、プロトコル エンドポイントによって I/O が適切な仮想ボリュームに送られます。通常、ストレージ システムが必要とするのはごく少数のプロトコル エンドポイントです。1 つのプロトコル エンドポイントが、何百、何千もの仮想ボリュームに接続できます。

ストレージ側では、ストレージ管理者が、ストレージ コンテナごとに 1 つまたは複数のプロトコル エンドポイントを構成します。プロトコル エンドポイントは物理ストレージ ファブリックに属し、ストレージ プロバイダ経由で、ストレージ システムによって関連するストレージ コンテナとともにエクスポートされます。ストレージ コンテナを仮想データストアにマッピングすると、プロトコル エンドポイントが ESXi によって検出され、vSphere Web Client で認識されるようになります。プロトコル エンドポイントは、ストレージの再スキャン時にも検出できます。

vSphere Web Client では、利用可能なプロトコル エンドポイントのリストは、ホスト ストレージ デバイスのリストに似ています。さまざまなストレージの転送を使用して、プロトコル エンドポイントを ESXi に公開できます。SCSI ベースの転送を使用すると、プロトコル エンドポイントは T10 ベースの LUN WWN によって定義されたプロキシ LUN を表します。NFS プロトコルの場合、プロトコル エンドポイントは IP アドレス(または DNS 名)、共有名などのマウント ポイントになります。SCSI ベースのプロトコル エンドポイントではマルチパスを構成できますが、NFS ベースのプロトコル エンドポイントでは構成できません。ただし、使用しているプロトコルに関わらず、ストレージ アレイでは、可用性の目的で複数のプロトコル エンドポイントを使用できます。