仮想マシン上のアプリケーションに対するストレージ要件が変わった場合、最初に仮想マシンに適用されたストレージ ポリシーを編集できます。

このタスクについて

パワーオフ状態またはパワーオン状態の仮想マシンのストレージ ポリシーを編集できます。

仮想マシン ストレージ ポリシーの割り当てを変更する際、同じストレージ ポリシーを仮想マシン構成ファイルと、そのすべての仮想ディスクに適用できます。仮想ディスクと構成ファイルのストレージ要件が異なる場合は、別のストレージ ポリシーを仮想マシンの構成ファイルおよび選択した仮想ディスクに関連付けることができます。

手順

  1. vSphere Web Client で、仮想マシンを参照します。
  2. 管理 タブをクリックし、ポリシー をクリックします。
  3. ストレージ をクリックします。
  4. 仮想マシン ストレージ ポリシーの編集 をクリックします。
  5. 仮想マシンの仮想マシン ストレージ ポリシーを指定します。

    オプション

    説明

    同じストレージ ポリシーをすべての仮想マシン オブジェクトに適用します。

    1. 仮想マシン ストレージ ポリシー ドロップダウン メニューから、ポリシーを選択します。

    2. すべてに適用 をクリックします。

    さまざまなストレージ ポリシーを、仮想マシン ホーム オブジェクトおよび仮想ディスクに適用します。

    1. オブジェクトを選択します。

    2. 仮想マシン ストレージ ポリシー ドロップダウン メニューから、オブジェクトのポリシーを選択します。

  6. OK をクリックします。

タスクの結果

ストレージ ポリシーが仮想マシンとそのディスクに割り当てられます。