仮想ディスクに関連付けられている I/O フィルタは、基盤となるストレージ トポロジに関係なく、仮想マシンの I/O パスへの直接アクセスを取得します。

I/O フィルタは、サードパーティ ベンダーによって作成され、パッケージとして配布されます。このパッケージでは、フィルタ コンポーネントを vCenter Server および ESXi ホスト クラスタにデプロイするためのインストーラが提供されます。

I/O フィルタをインストールし、そのコンポーネントを ESXi クラスタにデプロイしたら、vCenter Server によって、クラスタ内のホストごとに I/O フィルタのストレージ プロバイダ(VASA プロバイダとも呼ばれる)が自動的に構成および登録されます。ストレージ プロバイダは、vCenter Server と通信し、I/O フィルタによって提供されるデータ サービスを仮想マシン ストレージ ポリシー インターフェイスに表示できるようにします。仮想マシン ポリシーの共通ルールを作成するときにこれらのデータ サービスを参照できます。仮想ディスクをこのポリシーに関連付けると、仮想ディスクで I/O フィルタが有効になります。