共有ストレージ環境では、複数のホストが同じ VMFS データストアにアクセスすると、特定のロック メカニズムが使用されます。これらのロック メカニズムは、複数のホストによるメタデータへの同時書き込みを防ぎ、データ破損の発生を阻止します。

基礎となるストレージの構成とタイプに応じて、VMFS データストアはアトミック テストだけを使用してロック メカニズム(ATS のみ)を設定するか、ATS 予約と SCSI 予約の組み合わせ (ATS+SCSI) を使用できます。

ATS のみのメカニズム

T10 標準ベースの VAAI 仕様をサポートするストレージ デバイスの場合、VMFS は Hardware Assisted Locking とも呼ばれる ATS ロックを使用します。この ATS アルゴリズムでは、ディスク セクタ単位での異なるロックに対応します。基礎となるストレージが ATS のみのメカニズムをサポートしている場合は、新しくフォーマットされたすべての VMFS5 データストアは ATS のみのメカニズムを使用し、SCSI 予約は使用しません。

ATS が使用されるマルチ エクステント データストアを作成した場合、vCenter Server は ATS 以外のデバイスを除外します。このフィルタリングによって、ATS プリミティブをサポートするデバイスのみを使用できるようになります。

場合によっては、VMFS5 データストアに対して ATS のみの設定をオフにする必要があります。詳細については、ロック メカニズムの ATS+SCSI への変更 を参照してください。

ATS+SCSI メカニズム

ATS+SCSI メカニズムをサポートする VMFS データストアは、ATS を使用するように構成され、可能な場合は ATS を使用します。ATS が失敗すると、VMFS データストアは SCSI 予約に戻ります。ATS ロックとは対照的に、SCSI 予約では、メタデータの保護を必要とする操作を実行しているときに、ストレージ デバイス全体がロックされます。操作が完了すると、VMFS により予約が解放され、ほかの操作を続行できます。

ATS+SCSI メカニズムを使用するデータストアには、VMFS3 からアップグレードされた VMFS5 データストアがあります。また ATS をサポートしないストレージ デバイス上の新しい VMFS5 データストアも、ATS+SCSI メカニズムを使用します。

VMFS データストアが SCSI 予約に戻ると、過剰な SCSI 予約によりパフォーマンスの低下が発生する場合があります。SCSI 予約を低減する方法については、『vSphere トラブルシューティング』ドキュメントを参照してください。