仮想マシンの I/O フィルタを有効にするには、まず、その I/O フィルタによって提供されるデータ サービス機能がリストされた仮想マシン ポリシーを作成する必要があります。

始める前に

このタスクについて

I/O フィルタ機能は、仮想マシン ストレージ ポリシー ウィザードの [共通ルール] ページに表示されます。

手順

  1. vSphere Web Client のホーム ページで、ポリシーおよびプロファイル > 仮想マシン ストレージ ポリシー をクリックします。
  2. 仮想マシン ストレージ ポリシーを新規作成します アイコンをクリックします。
  3. vCenter Server インスタンスを選択します。
  4. 仮想マシン ポリシーの名前(例:I/O フィルタ)と説明を入力して、次へ をクリックします。
  5. [共通ルール] ページで、特定の仮想マシンに対して有効化される I/O フィルタ サービスを指定します。

    1 つのストレージ ポリシー内で異なるカテゴリ(例:レプリケーションとキャッシング)に属する I/O フィルタを組み合わせて使用できます。または、カテゴリごとに異なるポリシーを作成します。特定のストレージ ポリシー内で、同じカテゴリ(例:キャッシング)に属するフィルタを複数使用することはできません。

    このスクリーンショットは、仮想マシン ストレージ ポリシーの新規作成ウィザードの [共通ルール] ページで使用可能な vSphere Web Client オプションを示しています。

    1. ストレージ ポリシーでの共通ルールの使用 を選択します。
    2. ルールの追加 ドロップダウン メニューから、I/O フィルタ カテゴリを選択します。

      オプション

      説明

      レプリケーション

      仮想マシン ゲスト OS と仮想ディスク間のすべての書き込み I/O 操作を外部ターゲットの場所(別のホストやクラスタなど)にレプリケートします。

      キャッシュ

      仮想ディスク データのキャッシュを構成します。ローカル フラッシュ ストレージ デバイスを使用してデータをキャッシュし、仮想ディスクの IOPS やハードウェア使用率を増やします。

    3. 値の選択 ドロップダウン メニューで、フィルタを選択します。

      ページが展開され、フィルタがサポートするデータ サービス機能とデフォルト値が表示されます。

    4. ルールの値を指定して 次へ をクリックします。
  6. [ルール セット] ページで、ストレージ配置要件を指定し、次へ をクリックします。
    注:

    I/O フィルタを使用する仮想マシンを異なるタイプのデータストア(例:VMFS と仮想ボリューム)間で移行する場合は、仮想マシン ストレージ ポリシーに、使用するすべてのタイプのデータストアのルール セットが指定されていることを確認してください。たとえば、仮想マシンを VMFS と仮想ボリューム データストア間で移行する場合は、VMFS データストアのタグベースのルールと、仮想ボリューム データストアのルールを含む混合仮想マシン ストレージ ポリシーを作成します。

  7. [ストレージ互換性] ページで、使用可能なデータストアのリストを確認し、次へ をクリックします。

    I/O フィルタ ポリシーとの互換性を維持するため、データストアは I/O フィルタを使用するホストと接続されており、なおかつポリシーのストレージ要件を満たしている必要があります。

  8. ストレージ ポリシーの作成を完了させて、終了 をクリックします。

タスクの結果

新しいポリシーがリストに追加されます。