ストレージ プロバイダとは、vSphere によって提供されるか、vStorage APIs for Storage Awareness (VASA) を介してサードパーティによって開発されたソフトウェア コンポーネントです。ストレージ プロバイダはさまざまなストレージ エンティティと統合され、それらのエンティティには、Virtual SAN や仮想ボリュームなどの外部の物理ストレージやストレージ抽象化が含まれます。ストレージ プロバイダを使用してソフトウェア ソリューションを実現することもできます(例:vSphere APIs for I/O Filtering を介して開発された I/O フィルタ)。

一般に vSphere は、ストレージ プロバイダを使用して、使用環境で提供されるストレージ トポロジ、ステータス、およびストレージ データの各サービスに関する情報を取得します。この情報は、vSphere Web Client で表示されます。表示される情報により、仮想マシンの配置について適切に決定し、ストレージ環境を監視することができます。

通常、サードパーティのストレージ プロバイダはストレージ側にインストールされ、vSphere 環境内の Storage Awareness サービスとして動作します。

ご使用のストレージがストレージ プロバイダのプラグインをサポートしているかの確認は、ストレージ ベンダーにお問い合わせください。ストレージでサードパーティのストレージ プロバイダがサポートされている場合、vSphere Web Client を使用して、各ストレージ プロバイダ コンポーネントを登録および管理します。

組み込みストレージ プロバイダは、通常、ESXi ホストで実行され、登録する必要はありません。たとえば、Virtual SAN をサポートするストレージ プロバイダは、Virtual SAN を有効にすると自動で登録されます。詳細については、『VMware Virtual SAN の管理』ドキュメントを参照してください。