独立型ハードウェア iSCSI アダプタのインストール後は、アダプタが iSCSI SAN 用に適切に構成されるようにするため、デフォルトのネットワーク設定の変更が必要になることがあります。

手順

  1. vSphere Web Client ナビゲータで、ホストに移動して参照します。
  2. 管理 タブをクリックして、ストレージ をクリックします。
  3. ストレージ アダプタ をクリックし、構成するアダプタ (vmhba#) を選択します。
  4. [アダプタの詳細] で、ネットワーク設定 タブをクリックし、編集 をクリックします。
  5. [IPv4 設定] セクションで、IPv6 を無効化するか、IP アドレスを取得するために使用する方法を選択します。
    注:

    自動 DHCP オプションと固定オプションは相互に排他的です。

    オプション

    説明

    IPv4 設定がありません

    IPv4 を無効化します。

    IPv4 設定を自動的に取得します

    DHCP を使用して IP 設定を取得します。

    固定 IPv4 設定を使用します

    iSCSI アダプタの IPv4 IP アドレス、サブネット マスク、およびデフォルト ゲートウェイを入力します。

  6. [IPv6 設定] セクションで、IPv6 を無効化するか、IPv6 アドレスを取得するための適切なオプションを選択します。
    注:

    自動オプションと固定オプションは相互に排他的です。

    オプション

    説明

    IPv6 設定なし

    IPv6 を無効化します。

    IPv6 の有効化

    IPv6 アドレスを取得するためのオプションを選択します。

    DHCP を使用して IPv6 アドレスを自動的に取得

    DHCP を使用して IPv6 アドレスを取得します。

    ルータの通知を使用して IPv6 アドレスを自動的に取得

    ルータの通知を使用して IPv6 アドレスを取得します。

    IPv6 のリンク ローカル アドレスのオーバーライド

    固定 IP アドレスを構成することによって、リンク ローカル IP アドレスをオーバーライドします。

    固定 IPv6 アドレス

    1. 追加 をクリックして新しい IPv6 アドレスを追加します。

    2. IPv6 アドレスとサブネット プリフィックスの長さを入力し、OK をクリックします。

  7. [DNS 設定] セクションで、優先 DNS サーバおよび代替 DNS サーバの IP アドレスを入力します。

    両方の値を入力する必要があります。