パスのフェイルオーバーは、LUN へのアクティブなパスが別のパスに変更されると発生します。 通常、現在のパスの SAN コンポーネントに発生した障害が原因です。

パスに障害が発生すると、リンクがダウンしているとホストが判断し、フェイルオーバーが終了するまでストレージ I/O は 30 ~ 60 秒間停止する可能性があります。ホスト、ストレージ デバイス、またはアダプタを表示しようとすると、動作が停止したように見えることがあります。仮想マシン (および SAN にインストールされているその仮想ディスク) が応答しないように見えることがあります。フェイルオーバーが完了すると、I/O は正常にレジュームして、仮想マシンは実行を継続します。

ただし、フェイルオーバーの完了に時間がかかると、Windows の仮想マシンは I/O を中断して最終的に障害が発生する場合があります。失敗を回避するには、Windows の仮想マシンのディスク タイムアウト値を少なくとも 60 秒に設定します。