I/O フィルタが提供するデータ サービスの有効化は、2 段階のプロセスです。まず、I/O フィルタが提供するデータ サービス機能に基づいて仮想マシン ポリシーを作成し、次に、そのポリシーを仮想マシンに接続します。

始める前に

I/O フィルタのキャッシングを行う場合は、ESXi ホスト上で仮想フラッシュ リソースを構成します。