仮想データストアは、vCenter Server および vSphere Web Client におけるストレージ コンテナです。

vCenter Server がストレージ システムによってエクスポートされたストレージ コンテナを検出した後は、それらをマウントして使用できるようにする必要があります。vSphere Web Client のデータストア作成ウィザードを使用して、ストレージ コンテナを仮想データストアにマッピングします。作成する仮想データストアは、特定のストレージ コンテナに直接対応し、vCenter Server および vSphere Web Client におけるコンテナの表現となります。

vSphere 管理者の観点からすると、仮想データストアはその他の任意のデータストアに似ており、仮想マシンを保持するために使用されます。他のデータストアと同様に、仮想データストアは、参照することができ、仮想マシン名別に仮想ボリュームの一覧が表示されます。また従来のデータストアと同様、仮想データストアはアンマウントとマウントをサポートします。ただし、アップグレードやサイズ変更などの操作は、仮想データストアには適用されません。仮想データストアの容量は、vSphere の外部のストレージ管理者が構成できます。

従来の VMFS および NFS データストア、および Virtual SAN を使用する仮想データストアを使用できます。

注:

仮想ボリュームのサイズは、1 MB の倍数(最低 1 MB 以上)でなければなりません。そのため、仮想データストア上でのプロビジョニングまたはその仮想データストア以外の任意のデータストアからの移行を行うすべての仮想ディスクは、サイズが 1 MB の偶数倍になるはずです。仮想データストアに移行する仮想ディスクが 1 MB の偶数倍になっていない場合は、1 MB の偶数倍にできるだけ近づくようにディスクを手動で拡張します。