VMware では、Virtual SAN と仮想データストアを対象とするデフォルト ストレージ ポリシーを提供しています。

Vitual SAN のデフォルト ストレージ ポリシー

VMware が提供するデフォルト ストレージ ポリシーは、他の Virtual SAN ポリシーを選択しない場合に、Virtual SAN データストアでプロビジョニングされるすべての仮想マシン オブジェクトに適用されます。

VMware によって提供されるポリシーには、次の特性があります。

  • ポリシーを削除することはできません。

  • ポリシーは編集可能です。ポリシーを編集するには、表示権限と更新権限が含まれるストレージ ポリシー権限が必要です。

  • ポリシーを編集する場合、ポリシーの名前や Virtual SAN ストレージ プロバイダの仕様を変更することはできません。ルールを含む他のすべてのパラメータを編集できます。

  • デフォルト ポリシーのクローンを作成し、ストレージ ポリシーを作成するためのテンプレートとして使用できます。

  • Virtual SAN のデフォルト ポリシーは、Virtual SAN データストアとのみ互換性があります。

  • Virtual SAN の仮想マシン ストレージ ポリシーを作成し、そのポリシーをデフォルトに指定できます。

仮想ボリュームのデフォルト ストレージ ポリシー

仮想ボリューム用として、VMware では、ルールやストレージ要件を何も含んでいないデフォルト ストレージ ポリシーを提供しています。Virtual SAN の場合と同様、このポリシーは、仮想データストアに配置する仮想マシンに別のポリシーを指定しない場合に、仮想マシン オブジェクトに適用されます。要件なしのポリシーにより、ストレージ アレイでは、仮想マシン オブジェクトの最適な配置を決定できます。

VMware によって提供されるデフォルトの仮想ボリューム ポリシーには、次の特性があります。

  • このポリシーは、削除、編集、およびクローン作成できません。

  • 仮想ボリュームのデフォルト ポリシーは、仮想データストアとのみ互換性があります。

  • 仮想ボリュームの仮想マシン ストレージ ポリシーを作成し、そのポリシーをデフォルトに指定できます。