NPIV を仮想マシン上で有効にする予定であれば、特定の要件に注意してください。

次の要件があります。

  • NPIV は、RDM ディスクを使用する仮想マシンだけが使用できます。通常の仮想ディスクを使用する仮想マシンは、ホストの物理 HBA の WWN を使用します。

  • ホストの HBA は NPIV をサポートしている必要があります。

    詳細については、『VMware 互換性ガイド』およびベンダーのドキュメントを参照してください。

    • 同じタイプの HBA、すべての QLogic とすべての Emulex のいずれかを使用してください。VMware では、同じホストにある異種の HBA から同じ LUN へのアクセスはサポートされていません。

    • ホストが、ストレージへのパスとして複数の物理 HBA を使用している場合、すべての物理パスを仮想マシンにゾーニングする必要があります。一度に 1 つのパスだけがアクティブになる場合でも、マルチ パスをサポートする必要があります。

    • ホスト上の物理 HBA が、そのホストで実行されている NPIV 対応の仮想マシンがアクセスするすべての LUN にアクセスできる必要があります。

  • ファブリック内のスイッチは NPIV に対応している必要があります。

  • ストレージ レベルでの NPIV アクセスに LUN を構成する場合、NPIV LUN の番号および NPIV ターゲット ID が、物理 LUN およびターゲット ID と一致していることを確認します。