従来の LUN および NFS ベースの vSphere ストレージとは異なり、仮想ボリューム機能では、ストレージ側でボリュームの事前構成を行う必要がありません。代わりに仮想ボリュームでは、ストレージ コンテナを使用します。このコンテナは、ストレージ システムが仮想ボリュームに提供する RAW ストレージ容量のプールまたはストレージ機能の集約です。

ストレージ コンテナは論理ストレージ ファブリックの一部であり、基盤となるハードウェアの論理ユニットです。ストレージ コンテナは、管理および運用上の必要に基づいて仮想ボリュームを論理的にグループ化します。たとえば、ストレージ コンテナには、マルチテナント デプロイのテナント用か、エンタープライズ デプロイの部門用に作成されたすべての仮想ボリュームを含めることができます。各ストレージ コンテナは仮想ボリューム ストアとして機能し、仮想ボリュームがストレージ コンテナの容量から割り当てられます。

通常は、ストレージ側のストレージ管理者がストレージ コンテナを定義します。ストレージ コンテナの数、その容量、およびサイズは、ベンダーに固有の実装方法によって決まりますが、ストレージ システムごとにコンテナが少なくとも 1 つは必要です。

注:

1 つのストレージ コンテナが複数の物理アレイをまたぐことはできません。

ストレージ システムに関連付けられているストレージ プロバイダを登録すると、vCenter Server は、すべての構成済みストレージ コンテナを、そのストレージ機能プロファイル、プロトコル エンドポイント、およびその他の属性とともに検出します。1 つのストレージ コンテナで複数の機能プロファイルをエクスポートできます。そのため、多様なニーズとさまざまなストレージ ポリシー設定が関係する仮想マシンを同じストレージ コンテナの一部にすることができます。

最初は、検出されたストレージ コンテナによっては任意の特定のホストに接続されないものもあり、それらのコンテナは vSphere Web Client に表示されません。ストレージ コンテナをマウントするには、そのコンテナを仮想データストアにマッピングする必要があります。