使用可能なコア ダンプ パーティションのサイズが不十分な場合は、コア ダンプをファイルとして生成するように ESXi を構成できます。

始める前に

vCLI をインストールするか、vSphere Management Assistant (vMA) 仮想マシンを導入します。vSphere Command-Line Interface スタート ガイド を参照してください。トラブルシューティングするには、ESXi Shell で esxcli コマンドを実行します。

このタスクについて

通常、ESXi のインストール時には、2.5 GB のコア ダンプ パーティションが作成されます。ESXi 5.0 以前からのアップグレードでは、コア ダンプ パーティションが 100 MB に制限されます。このタイプのアップグレードの場合は、起動プロセス中にシステムが VMFS データストアにコア ダンプ ファイルを作成する可能性があります。コア ダンプ ファイルが作成されない場合は、そのファイルを手動で作成することができます。

注:

ソフトウェア iSCSI とソフトウェア FCoE は、コア ダンプ ファイルの場所としてサポートされていません。

手順

  1. 次のコマンドを実行して、VMFS データストア コア ダンプ ファイルを作成します。

    esxcli system coredump file add

    このコマンドには次のオプションがありますが、これらのオプションは必須ではないので省略できます。

    オプション

    説明

    --datastore | -d datastore_UUID または datastore_name

    指定しない場合は、十分なサイズを持つデータストアがシステムによって選択されます。

    --file | -f file_name

    指定しない場合は、コア ダンプ ファイルの一意の名前がシステムによって指定されます。

    --size |-s file_size_MB

    指定しない場合は、ホストに装着されているメモリに対して適切なサイズのファイルがシステムによって作成されます。

  2. 次のコマンドを実行して、ファイルが作成されたことを確認します。

    esxcli system coredump file list

    次のような出力が表示されます。

    Path                                             Active Configured Size
    ------------------------------------------------ ------ ---------- ---------
    /vmfs/volumes/52b021c3-.../vmkdump/test.dumpfile false  false      104857600
    

  3. ホストのコア ダンプ ファイルを有効にします。

    esxcli system coredump file set

    このコマンドには次のオプションがあります。

    オプション

    説明

    --path | -p

    使用するコア ダンプ ファイルのパスです。これは事前割り当て済みのファイルでなければなりません。

    --smart | -s

    このフラグは --enable | -e=true 指定時にのみ使用できます。その場合は、洗練された選択アルゴリズムを使用してファイルが選択されます。

    次に例を示します。

    esxcli system coredump file set --smart --enable true

  4. 次のコマンドを実行して、コア ダンプ ファイルがアクティブであり、構成されていることを確認します。

    esxcli system coredump file list

    次のような出力は、コア ダンプ ファイルがアクティブであり、構成されていることを示します。

    Path                                             Active Configured Size
    ------------------------------------------------ ------ ---------- ---------
    /vmfs/volumes/52b021c3-.../vmkdump/test.dumpfile True   True       104857600

次のタスク

コア ダンプ ファイルの管理で使用できるその他のコマンドの詳細については、『vSphere Command-Line Interface のリファレンス』ドキュメントを参照してください。