-v サブオプションは、コマンド出力の詳細さのレベルを示します。

このサブオプションの形式は次のとおりです。

-v --verbose number

number の値は、1 ~ 10 の整数で指定します。

すべての vmkfstools オプションで -v サブオプションを指定できます。オプションの出力が -v サブオプションの使用に適していない場合、vmkfstools-v を無視します。

注:

-v サブオプションは、任意の vmkfstools コマンド ラインに含めることができるので、各オプションの説明には -v がサブオプションとして含まれていません。