esxcli コマンドを使用して、特定のストレージ デバイスの接続状態を確認します。

始める前に

vCLI をインストールするか、vSphere Management Assistant (vMA) 仮想マシンを導入します。vSphere Command-Line Interface スタート ガイド を参照してください。トラブルシューティングするには、ESXi Shell で esxcli コマンドを実行します。

このタスクについて

手順中、--server=server_name で接続先サーバーを指定します。指定された接続先サーバーはユーザー名とパスワードの入力を促します。構成ファイルやセッション ファイルなど、他の接続オプションもサポートされています。接続オプションのリストについては、『vSphere Command-Line Interface スタート ガイド』を参照してください。

手順

  1. esxcli --server=server_name storage core device list -d=device_ID コマンドを実行します。
  2. ステータス: で接続ステータスを確認します。 フィールドに最大 255 文字の英数字で名前を入力します。
    • on - デバイスが接続されています。

    • dead - デバイスが APD 状態になりました。 APD タイマーが起動します。

    • dead timeout - APD タイムアウトになりました。

    • not connected - デバイスは PDL 状態です。