ストレージ DRS が無効化されている OVF テンプレートからデプロイされた仮想マシン上で、ストレージ DRS が有効化されます。この現象は、データストア クラスタ上での OVF テンプレートのデプロイで発生することがあります。

問題

ストレージ DRS が無効になっている OVF テンプレートをデータストア クラスタ上でデプロイすると、デプロイされた仮想マシンではストレージ DRS が有効になります。

vSphere Web Client では、OVF テンプレートからデプロイされた仮想マシンに、データストア クラスタのデフォルトの自動化レベルを適用します。

手順

  1. 仮想マシンの自動化レベルを手動で変更するには、vSphere Web Client オブジェクト ナビゲータで データストア クラスタに移動して参照します。
  2. 管理 タブをクリックして、設定 を選択します。
  3. 仮想マシンのオーバーライド を選択し、追加 をクリックします。
  4. 仮想マシンを選択し、OK をクリックします。
  5. VMDK の包括 ドロップダウン メニューでいいえ を選択し、OK をクリックします。