vSphere Network I/O Control バージョン 3 が構成されている vSphere Distributed Switch に、低速(1 Gbps など)物理アダプタを追加できない場合があります。

問題

高速(10 Gbps など)の物理アダプタに接続されている vSphere Distributed Switch に、低速(1 Gbps など)の物理アダプタを追加しようとします。スイッチで Network I/O Control バージョン 3 が有効になっていて、1 つ以上のシステム トラフィック タイプ(vSphere 管理トラフィック、vSphere vMotion トラフィック、vSphere NFS トラフィックなど)に帯域幅予約があります。物理アダプタの追加作業に失敗し、パラメータが正しくないというステータス メッセージが表示されます。

A specified parameter was not correct: spec.host[].backing.pnicSpec[]

Network I/O Control は、すでに Distributed Switch に接続されている個々の物理アダプタの速度 10 Gbps に予約可能な帯域幅を合わせます。この帯域幅の一部を予約した後に、10 Gbps 未満の速度の物理アダプタを追加すると、システム トラフィック タイプの潜在的な要求を満たさない可能性があります。

Network I/O Control バージョン 3 の詳細については、『vSphere ネットワーク』ドキュメントを参照してください。

手順

  1. vSphere Web Client で、ホストに移動します。
  2. 管理 タブで、設定 をクリックします。
  3. システム 設定グループを展開し、システムの詳細設定 をクリックします。
  4. Network I/O Control の範囲外で使用する物理アダプタをコンマ区切りリストとして Net.IOControlPnicOptOut パラメータに一覧表示します。

    例: vmnic2,vmnic3

  5. OK をクリックして変更内容を保存します。
  6. vSphere Web Client で、物理アダプタを Distributed Switch に追加します。