実装環境で問題の解決を試みる前に、問題の発生状況を正確に識別する必要があります。

トラブルシューティング プロセスの最初のステップは、発生してる状況の具体的な症状を定義する情報を収集することです。この情報を収集するときに、次の質問について考えます。

  • 実行されていないタスクや予期されていた動作は何か?

  • 影響を受けたタスクを、別々に評価可能なサブタスクに分割できるか?

  • タスクはエラー終了するか?エラー メッセージはそれに関連付けられているか?

  • タスクは完了するが、非常に長い時間を要するか?

  • その障害は継続的か、または断続的か?

  • その障害に関連する可能性があるソフトウェアまたはハードウェアで最近どのような変更が行われたか?