Fault Tolerance メタデータ データストアへのアクセスは、FT 仮想マシンが正常に機能する上で不可欠です。このアクセスが失われると、さまざまな問題が発生する可能性があります。

問題

次のような問題があります。

  • FT が予期せずに停止することがあります。

  • プライマリ仮想マシンとセカンダリ仮想マシンの両方がメタデータ データストアにアクセスできなくなると、仮想マシンが予期せずに停止する場合があります。一般に、両方の仮想マシンで FT メタデータ データストアへのアクセスが失われると、関連のない障害が発生して FT が停止します。その後 vSphere HA は、メタデータ データストアにアクセスできるホストでプライマリ仮想マシンの再起動を試みます。

  • その仮想マシンは、vCenter Server によって FT 仮想マシンとして認識されなくなります。認識されなくなると、スナップショットの取得などのサポートされていない操作が仮想マシンで実行され、問題のある動作の原因となる可能性があります。

Fault Tolerance メタデータ データストアにアクセスできなくなると、上記のリストにある望ましくない結果になる場合があります。

タスクの結果

FT のデプロイを計画するとき、可用性の高いストレージにメタデータ データストアを配置してください。FT の実行中に、プライマリ仮想マシンまたはセカンダリ仮想マシンのどちらかでメタデータ データストアにアクセスできなくなった場合は、アクセスを失ったことで上記の問題のいずれかが発生する前に、すぐにそのストレージの問題を解決してください。FT 仮想マシンが vCenter Server によって認識されなくなったら、サポートされていない操作を仮想マシンで実行しないでください。メタデータ データストアへのアクセスをリストアします。FT 仮想マシンのアクセスが復元され、リフレッシュ期間が終了すると、仮想マシンが認識可能になります。