問題の症状、および関係している可能性が高いソフトウェアまたはハードウェアのコンポーネントが分かったら、問題が解決されるまで体系的に解決策をテストすることができます。

症状および影響を受けるコンポーネントに関して得られた情報に基づいて、問題を特定して解決するためのテストを設計することができます。次のヒントを参考にすると、このプロセスをより効果的に行うことができます。

  • 考えられる解決策について、できるだけ多くのアイディアを出します。

  • 各解決策により、問題が修正されたかどうかが明確に判別されることを確認します。考えられる解決策を 1 つずつテストし、その修正方法によって問題が解決されない場合はすぐに次の解決策を試します。

  • 問題解決の可能性に応じて、考えられる解決策の階層を作成して検討します。可能性の高いものから低いものにかけて、症状がなくなるまで、潜在的な問題をそれぞれ体系的に解消します。

  • 考えられる解決策をテストする場合は、項目を一度に 1 つだけ変更します。一度に多くの変更を行って解決できたとしても、それらの項目のどれが原因だったかを判別できなくなる可能性があります。

  • 解決するために行った変更によって問題を解決できない場合は、実装環境を以前の状態に戻します。実装環境を以前の状態に戻さないと、新しいエラーが発生する場合があります。

  • 正常に機能している類似の実装環境を見つけ、正常に機能していない実装環境と並列でテストします。両方のシステム間での差異がわずかになるか、または 1 つだけになるまで、両方のシステムで同時に変更操作を行います。