vSphere HA クラスタで、vSphere がエージェント内の通信 (管理ネットワーク) で使用するネットワークの障害が発生すると、クラスタのホストのサブセットがほかのクラスタ ホストと通信できなくなることがあります。この場合、互いに通信できるホストのセットは、1 つのネットワーク パーティション分割にあると考えられます。

クラスタのパーティション分割は、vMotion などのクラスタ管理機能を妨げ、障害発生後に仮想マシンを監視および再起動する vSphere HA の機能に影響を及ぼす場合があります。この状況はできるだけ早く修正する必要があります。

ネットワークのパーティション分割も、vSphere のフォールト トレランスの機能を低下させます。たとえば、パーティション分割されたクラスタで、プライマリ仮想マシン (またはそのセカンダリ仮想マシン) が、仮想マシンで機能していないマスター ホストによって管理されているパーティションで終了する可能性があります。セカンダリ仮想マシンを再起動する必要があるとき、関与しているマスター ホストによって管理されているパーティションにプライマリ仮想マシンがある場合のみ、vSphere HA は再起動を行います。最後に、ネットワーク パーティション分割を修正する必要がありますが、修正を可能にするには、フォールト トレランス機能を持つ仮想マシンで生じる問題のトラブルシューティングと修正を行い、これらが適切に保護されていることを確認する必要があります。