詳細ランタイム情報ボックスに表示されるクラスタで使用可能なスロットの数が、予測したよりも小さい場合があります。

問題

[ホスト障害のクラスタ許容] アドミッション コントロール ポリシーを選択すると、詳細ランタイム情報 ペインが、vSphere Web Client のクラスタの 監視 タブの vSphere HA セクションに表示されます。このペインには、クラスタ内で追加の仮想マシンをパワーオンするのに使用できるスロット数を含む、クラスタに関する情報が表示されます。この数は、一定の条件の場合には、予期された数より小さい可能性があります。

スロットのサイズは、クラスタでパワーオンされている仮想マシンの最大予約数およびメモリ オーバーヘッドを使用して計算されます。ただし、vSphere HA アドミッション コントロールは、仮想マシンで使用できるホストのリソースのみを考慮します。この量は、オーバーヘッドがあるため、ホスト上の物理リソースの合計量よりも小さくなります。

タスクの結果

可能であれば、仮想マシンの予約を減らし、vSphere HA の詳細オプションを使用してスロット サイズを小さくするか、または別のアドミッション コントロールのポリシーを使用します。