仮想マシンを仮想データストアに移行するときまたは仮想マシン OVF を仮想データストアにデプロイするときに、処理が失敗することがあります。

問題

非仮想データストアから移行される OVF テンプレートや仮想マシンには付加的な大サイズのファイル(ISO ディスク イメージ、DVD イメージ、イメージ ファイルなど)が含まれることがあります。これらの付加的なファイルが原因となって構成仮想ボリュームがその 4GB 制限を超えると、仮想データストアへの移行またはデプロイが失敗します。

構成仮想ボリューム (config-VVol) には、仮想マシン関連のさまざまなファイルが含まれます。従来の非仮想データストアでは、これらのファイルは仮想マシン ホーム ディレクトリに格納されます。仮想マシン ホーム ディレクトリと同様に、config-VVol には一般に仮想マシン構成ファイル、仮想ディスクおよびスナップショットの記述子ファイル、ログ ファイル、ロック ファイルなどが含まれます。

仮想データストアでは、他の大きなサイズのファイル(仮想ディスク、メモリ スナップショット、スワップ、ダイジェストなど)はすべて別の仮想ボリュームに格納されます。

config-VVol は 4GB 仮想ボリュームとして作成されます。config-VVol の一般的なコンテンツは、通常、この 4GB 割り当てのうちのごくわずかな量しか消費しません。このため、バックアップ容量を節約する処置として、config-VVol は一般にシン プロビジョニングされます。ISO ディスク イメージ、DVD イメージ、イメージ ファイルなどの大きなサイズのファイルが他に存在すると、config-VVol がその 4GB 制限を超える可能性があります。このようなファイルが OVF テンプレートに含まれている場合、vSphere Virtual Volumes ストレージへの仮想マシン OVF のデプロイが失敗します。このようなファイルが既存の仮想マシンの一部として存在すると、従来のデータストアから vSphere Virtual Volumes ストレージへの仮想マシンの移行も失敗します。

タスクの結果

  • 仮想マシン移行の場合。従来のデータストアから仮想データストアに仮想マシンを移行する前に、仮想マシン ホーム ディレクトリから過剰なコンテンツを削除し、config-VVol を 4GB 限度未満になるようにします。

  • OVF デプロイの場合。過剰ファイルを含む OVF テンプレートは仮想データストアに直接デプロイすることは不可能なため、まず仮想マシンを非仮想データストアにデプロイします。仮想マシン ホーム ディレクトリから過剰コンテンツを削除し、量が少なくなった仮想マシンを vSphere Virtual Volumes ストレージに移行します。