ESXi がデバイスを自動的にフラッシュと認識しない場合には、デバイスをフラッシュ デバイスとしてマークします。

始める前に

デバイスが使用中ではないことを確認します。

このタスクについて

デバイスのベンダーが自動フラッシュ ディスク検出をサポートしていないと、ESXi は特定のデバイスをフラッシュとして認識しません。デバイスの [ドライブのタイプ] 列に、デバイスのタイプとして HDD が表示されます。

注意:

HDD ディスクをフラッシュ ディスクとしてマークすると、それらのディスクを使用するデータストアおよびサービスのパフォーマンスが低下することがあります。それらのディスクがフラッシュ ディスクであることが確実な場合にのみ、フラッシュ ディスクとしてマークしてください。

手順

  1. vSphere Web Client オブジェクト ナビゲータで、ホストに移動して参照します。
  2. 管理 タブをクリックして、ストレージ をクリックします。
  3. ストレージ デバイス をクリックします。
  4. ストレージ デバイスの一覧から、フラッシュ デバイスとして認識される必要がある HDD デバイスを 1 つ以上選択し、フラッシュ ディスクとしてマーク アイコンをクリックします。
  5. はい をクリックして変更を保存します。

タスクの結果

デバイスのタイプがフラッシュに変更されます。

次のタスク

マークするフラッシュ デバイスを複数のホストで共有する場合には、デバイスを共有するすべてのホストでデバイスがマークされていることを確認します。