Fault Tolerance が有効になっている仮想マシンをパワーオンし、セカンダリ仮想マシンを格納可能な互換性のあるホストがない場合、エラー メッセージが表示されることがあります。

問題

次のエラー メッセージが表示されることがあります。

セカンダリ仮想マシンを格納可能な互換性のあるホストがないため、セカンダリ仮想マシンはパワーオンできませんでした。

このメッセージは、クラスタ内にほかのホストがない、HV が有効なホストがほかにない、ハードウェア MMU 仮想化がホスト CPU でサポートされていない、データストアにアクセスできない、使用できるキャパシティがない、ホストがメンテナンス モードになっているなど、さまざまな理由で表示されます。

タスクの結果

ホストが不足している場合は、クラスタにホストを追加します。クラスタ内にホストがある場合は、それらのホストが HV をサポートしており、その HV が有効になっていることを確認します。HV を有効にするプロセスは、BIOS によって異なります。HV を有効にする方法の詳細は、ホストの BIOS に関するドキュメントを参照してください。ホストに十分なキャパシティがあること、およびホストがメンテナンス モードでないことを確認します。