ローカル フラッシュ デバイスが VMFS またはその他のファイル システムでフォーマットされている場合、仮想フラッシュ リソースまたは Virtual SAN で使用できなくなります。

問題

Virtual SAN または仮想フラッシュ リソースのいずれかを設定しようとする場合、使用されるディスクのリストにローカル フラッシュ ディスクが表示されません。

この問題は、いずれかの機能で使用しようとするローカル フラッシュを既に VMFS としてフォーマットしている場合に発生する可能性があります。Virtual SAN または仮想フラッシュのいずれも、VMFS を含む他のファイル システムとフラッシュ ディスクを共有することはできません。

また、仮想フラッシュと Virtual SAN はフラッシュ ディスクの相互に排他的な受信者であるため、どちらの機能も同じフラッシュ ディスクを共有することができません。フラッシュ ディスクが既に 1 つの機能(たとえば Virtual SAN)で要求されている場合、そのディスクは解放するまで他の機能(たとえば仮想フラッシュ)に使用することができません。

タスクの結果

仮想フラッシュ リソースおよび Virtual SAN 設定にはフォーマットされていないフラッシュ ディスクのみを使用します。

  • ESXi のインストール中または Auto Deploy 中に VMFS でフラッシュ ディスクをフォーマットしないでください。

  • フラッシュ ディスクが VMFS で既にフォーマットされている場合、VMFS データストアを削除します。詳細については、『vSphere ストレージ』ドキュメントを参照してください。

  • フラッシュ ディスクを仮想フラッシュ リソースとして使用する場合は、Virtual SAN でこのディスクを要求しないでください。ディスクが Virtual SAN によって要求されている場合は、Virtual SAN からそのディスクを削除します。フラッシュ ディスクが Virtual SAN から解放され、仮想フラッシュで使用されるディスクのリストに表示されます。Virtual SAN からのディスクの削除については、『VMware Virtual SAN の管理』ドキュメントを参照してください。

  • フラッシュ ディスクを Virtual SAN で使用しようとする場合、このディスクを仮想フラッシュ リソースとして使用しないでください。フラッシュ ディスクが仮想フラッシュ リソースとして使用されている場合は、仮想フラッシュ設定を削除します。ディスクが Virtual SAN で利用可能になります。『vSphere ストレージ』ドキュメントを参照してください。

フラッシュ ディスクが使用不可能になる原因のもう 1 つは、ESXi がディスクを検出できない場合です。ローカル フラッシュ ディスクが検出されない を参照してください。