ホストまたは仮想マシンで障害が発生した後、仮想マシンを再起動できないことがあります。

問題

ホストに障害が発生、またはホストが稼働しつづけているときに仮想マシンに障害が発生すると、仮想マシンが再起動しない、または再起動するのに長時間の遅延が生じる場合があります。

いくつかの理由で、vSphere HA は障害発生後に仮想マシンを再起動しない、または再起動が遅れることがあります。

  • 障害が生じたときに、仮想マシンが vSphere HA で保護されていない

  • 仮想マシンと互換性のあるホストの容量が不十分

  • vSphere HA が仮想マシンを再起動しようとしたが、試行のたびに致命的なエラーが生じた。

  • クラスタの共有ストレージが Virtual SAN であり、ホストの障害数が指定された数を超えたために仮想マシンのファイルの 1 つがアクセス不可になった。

  • 実際には再起動が成功している。

タスクの結果

仮想マシンの再起動に失敗しないようにするには、仮想マシンが、パワーオンされた後に vSphere HA で保護されることを確認します。また、アドミッション コントロール設定が、失敗が生じたときに期待する再起動と合っていることを確認します。仮想マシンとホストとの間の互換性を最大化することによっても、再起動の失敗の可能性を減らすことができます。

注:

仮想マシンの再起動に関して vSphere HA が考慮する要因の詳細については、『vSphere の可用性』の「ホスト問題に対する対応の判断」を参照してください。