スワップファイルがローカル データストアに配置されている場合、VMCP は仮想マシン互換であるホストを見つけられない場合があります。

問題

仮想マシンのスワップファイルが、仮想マシンの構成ファイルが存在するデフォルト ディレクトリではなく、ホストローカルのデータストアに配置されるように構成されている場合、仮想マシンが全パス ダウン (APD) データストアによるデータストア アクセス障害により影響を受けるのであれば、健全なホスト上であっても仮想マシンが再起動しない場合があります。

VMCP は、仮想マシンの構成ファイル、スワップファイル、およびディスクが存在するデータストアを含む、仮想マシンが依存するデータストアの一覧を監視します。APD 障害が依存先のデータストアに検出されると、VMCP はまず影響を受ける仮想マシンのフェイルオーバー先として互換であり十分な容量があるホストがあるかどうかを判断します。VMCP は、この互換性を判断するため CPU およびメモリの予約などのその他の要因と一緒に依存しているデータストアを考慮します。適切なホストが見つかると、VMCP は APD 障害が発生したホスト上の仮想マシンを終了します。

ただし、仮想マシンのスワップファイルがホストローカル データストアに存在する場合、このようなデータストアはクラスタ内の別ホスト上には構成されないことがあります。この状況により、VMCP は仮想マシンをフェイルオーバーする互換ホストを見つけることができなくなり、仮想マシンは APD 障害が発生したホストで引き続き稼働します。

手順

仮想マシンのスワップファイルをデフォルトのディレクトリから移動しないか、仮想マシンのスワップファイルが格納されるホストローカル データストアがホスト群の間で共有されるようにします。