ストレージ DRS がデータストア クラスタで有効にされている場合でも、データストア クラスタ内の一部の仮想ディスクで無効にされることがあります。

問題

ストレージ DRS をデータストア クラスタで有効にしたが、データストア クラスタ内の 1 個以上の仮想マシン ディスクで無効にされた。

以下のシナリオでは、ストレージ DRS が仮想ディスクで無効にされることがあります。

  • 仮想マシンのスワップ ファイルがホストローカルになっている (スワップ ファイルは、ホスト上の指定のデータストアに保存されている)。スワップ ファイルは再配置できず、ストレージ DRS はそのスワップ ファイル ディスクに対して無効にされます。

  • 仮想マシンの .vmx スワップ ファイルに対して特定の場所が指定されている。スワップ ファイルは再配置できず、ストレージ DRS は .vmx スワップ ファイル ディスクに対して無効にされます。

  • 現在、vCenter Server 内の仮想マシンで再配置または Storage vMotion 操作が無効にされている (たとえば、他の vCenter Server 操作が仮想マシンで実行されているため)。再配置または Storage vMotion 操作が vCenter Server で再び有効になるまで、ストレージ DRS は無効のままとなります。

  • 仮想マシンのホーム ディスクが vSphere HA によって保護されていて、再配置すると vSphere HA 保護が失われる。

  • ディスクが CD-ROM/ISO ファイルである。

  • ディスクが独立ディスクで、ストレージ DRS が無効にされている (再配置またはクローン配置の場合は除く)。

  • 仮想マシンが、ホーム データストア (レガシー) とは別のデータストアにシステム ファイルがある場合、ストレージ DRS はホーム ディスクでは無効になる。Storage vMotion を使用してホーム ディスクを手動で移行する場合、別のデータストアにあるシステム ファイルはターゲット データストアに配置され、ストレージ DRS はホーム ディスクで有効になります。

  • 仮想マシンに、基本/REDO ファイルが別々のデータストア (レガシー) にまたがるディスクがある場合、そのディスクのストレージ DRS は無効になる。Storage vMotion を使用してディスクを手動で移行する場合、別々のデータストアにあるファイルがすべてターゲット データストアに配置され、ストレージ DRS はディスク上で有効になります。

  • 仮想マシンに非表示のディスクがある (現在のスナップショットではなく、以前のスナップショットのディスクなど)。その場合、ストレージ DRS は仮想マシンで無効になります。

  • 仮想マシンがテンプレートである。

  • 仮想マシンで、vSphere Fault Tolerance が有効になっている。

  • 仮想マシンがディスク間でファイルを共有している。

  • ストレージ DRS により、手動で指定されたデータストアに仮想マシンが配置されている。

タスクの結果

ディスク上でストレージ DRS の無効化を引き起こす問題に対処してください。