Enhanced vMotion Compatibility (EVC) が現在無効になっている場合、vSphere DRS が有効になっているクラスタ内の FT 仮想マシンは正常に機能しません。

問題

EVC は、DRS と FT 仮想マシンを組み合わせて使用するための前提条件であるため、EVC が無効になっていると(後で再度有効にしても)、DRS で FT 仮想マシンが配置または退避されません。

DRS クラスタで EVC が無効になっている場合、FT 仮想マシンの DRS を無効にする仮想マシンのオーバーライドが追加される可能性があります。EVC を後で再度有効にしても、このオーバーライドはキャンセルされません。

タスクの結果

DRS で FT 仮想マシンがクラスタに配置または退避されない場合、仮想マシンをチェックして、DRS を無効にする仮想マシンのオーバーライドを確認してください。仮想マシンのオーバーライドがある場合、DRS を無効にするオーバーライドを削除します。

注:

仮想マシンのオーバーライドを編集または削除する方法の詳細については、『vSphere リソース管理』を参照してください。