パワーオンされた仮想マシンで vSphere Fault Tolerance を有効にしようとすると失敗する可能性があります。

問題

パワーオンされた仮想マシンで Fault Tolerance をオン を選択すると、操作に失敗し、「不明なエラー」というメッセージが表示されます。

仮想マシンが実行されているホストに、フォールト トレランスの保護を実現するだけの十分なメモリ リソースがないと、この操作に失敗する可能性があります。vSphere Fault Tolerance は、仮想マシンのホストに十分なメモリ予約を自動的に割り当てようとします。フォールト トレランス対応仮想マシンにはオーバーヘッド メモリが必要になり、場合によっては 1 ~ 2 GB まで拡張されます。予約分全体とオーバーヘッド メモリに対応するだけのメモリ リソースがないホストでパワーオンされた仮想マシンが実行されている場合、Fault Tolerance の有効化に失敗します。その後、「不明なエラー」というメッセージが返されます。

タスクの結果

次の解決策から選択します。

  • 仮想マシンのメモリ予約と追加のオーバーヘッドに対応できるようにホストのメモリ リソースを解放する。

  • 十分な空きメモリ リソースがあるホストに仮想マシンを移動し、やり直す。