トラブルシューティング目的のために、I/O フィルタの ESXi コンポーネント(VIB ファイルとしてパッケージ化されている)をダウンロードして、ESXi ホストにインストールできます。esxcli コマンドを使用して、VIB ファイルをインストールします。

始める前に

vCLI をインストールするか、vSphere Management Assistant (vMA) 仮想マシンを導入します。Getting Started with vSphere Command-Line Interfaces を参照してください。トラブルシューティングするには、ESXi Shell で esxcli コマンドを実行します。

このタスクについて

--server=server_name を使用して接続先サーバを指定すると、サーバはユーザー名とパスワードの入力を促します。構成ファイルやセッション ファイルなど、他の接続オプションもサポートされています。接続オプションのリストについては、『Getting Started with vSphere Command-Line Interfaces』を参照するか、vCLI コマンド プロンプトで esxcli --help を実行します。

手順

  1. 次のコマンドを実行して VIB をインストールします。

    esxcli --server=server_name software vib install --depot path_to_VMware_vib_ZIP_file

    install コマンドのオプションを使用して、ドライ ラン、特定の VIB の指定、許容レベル検証のバイパスなどを行うことができます。本番稼働システムでは検証をバイパスしないでください。『vSphere Command-Line Interface の参照』ドキュメントを参照してください。

  2. VIB が ESXi ホストにインストールされていることを確認します。

    esxcli --server=server_name software vib list